アレルギーの対処法

猫のアレルギーの原因として、キャットフードが挙げられるということですが、ではそのアレルギーの対処法としてはどのようなものがあるのでしょう。食物アレルギーは、その名の通り原因は食べ物です。キャットフードを変えることで、アレルギーを改善できることがあります。具体的には、低アレルギー用のフード、つまり療養食を与えるのです。こういったキャットフードはタンパク質を消化吸収しやすくしていますので、アレルギー反応が起こりにくくなります。また、アレルギーは食べたことのないものでは起こらないので、今までとは違う食材を使ったキャットフードに変えるという方法もあります。

食べ物による対処法とともに、皮膚炎などのかゆみにたいしては、薬での治療が必要となります。すぐに動物病院へ連れて行き、診察してもらいましょう。また、アレルギー症状の中でも危険なのが喘息です。最悪の場合、呼吸ができなくなりますから、呼吸が苦しそうだったり、咳をするようなら早めの治療が必要です。

猫のアレルギーは増え続けています。ただ、獣医さんとよく相談しながら、適切な対処をすればその症状は治まっていきます。猫の食事は飼い主が決めるもの。つまり猫のアレルギーの最大の原因は飼い主のキャットフード選びとも言えるのです。猫のために、慎重に選ぶ必要があるのです。