キャットフードによるアレルギー

近年、猫のアレルギー症状が問題となっています。症状としては皮膚炎や、下痢、嘔吐、喘息などがその代表的なものでしょう。具体的には、猫がいつも以上に身体を引っかいている、食べたものを吐き出す、排せつ物が柔らかいなど、普段とは違う仕草や行動が表れたら、それはアレルギーかもしれません。こういった猫のアレルギーは、実は日々与えているキャットフードが原因となることがあります。このサイトは、猫のアレルギーとキャットフードについて説明します。

猫は本来肉食動物です。しかし、市販されているキャットフードの中には、穀物が多く含まれているものがあります。猫は、穀物を食べると消化不良となりアレルギーを起こすことがあるのです。また、ストレスなどで身体の免疫力が落ちているときも、アレルギーを起こしやすい状態と言えますので、注意が必要です。他にも同じものを与え続けることで、アレルギーを発症することもあり、様々な条件が複雑に絡んでくるため、なかなか防ぐことができないのが実情です。

アレルギーは、まずは動物病院でしっかりと診断してもらうことが重要です。そして、適正な対処を施すということになります。低アレルギーのキャットフードに変えたり、皮膚炎がひどい場合は抗ヒスタミン剤などで治療することになります。ただ、猫の食物アレルギーは、飼い主の間違ったキャットフード選びによるものとも言えます。可愛い猫のため、まずは飼い主がよいキャットフードを選ぶ必要があるのです。