アレルギーの原因は

猫のアレルギーは、ほとんどが食物アレルギーです。この食物アレルギーは、餌に含まれている成分に、猫の身体が過剰に反応してしまい、様々な症状を引き起こしてしまうもので、今や決して珍しいものではありません。本来、身体を守る免疫反応ですが、これが逆に身体に害を与える症状、これがアレルギーなのです。

この食物アレルギーの原因として大きく関わってくるのがキャットフードです。キャットフードに含まれるタンパク質や穀物がアレルギーを引き起こしているのです。これらの栄養素が、猫の体内で充分に消化吸収が行われなかったり、あるいは猫自体の免疫力が落ちているときに、アレルギーを起こしやすくなります。また、同じキャットフードを与え続けても、食物アレルギーになると言われているのです。

猫は本来肉食です。穀物を多く含んだキャットフードは、猫にとって消化しにくい食べ物と言えます。他にも、乳製品でアレルギーを発症することもありますから、キャットフードを選ぶ際には、原材料をよく調べる必要があります。また、猫は非常にデリケートな生き物です。ちょっとした生活の変化により、ストレスが溜まることもあります。それにより、免疫力が下がり、アレルギーとなることもあるのです。このように、アレルギーの原因は一筋縄ではいかないので、飼い主は少しの変化も見逃さないよう気を付けましょう。