アレルギーの対処法

猫のアレルギーの原因として、キャットフードが挙げられるということですが、ではそのアレルギーの対処法としてはどのようなものがあるのでしょう。食物アレルギーは、その名の通り原因は食べ物です。キャットフードを変えることで、アレルギーを改善できることがあります。具体的には、低アレルギー用のフード、つまり療養食を与えるのです。こういったキャットフードはタンパク質を消化吸収しやすくしていますので、アレルギー反応が起こりにくくなります。また、アレルギーは食べたことのないものでは起こらないので、今までとは違う食材を使ったキャットフードに変えるという方法もあります。

食べ物による対処法とともに、皮膚炎などのかゆみにたいしては、薬での治療が必要となります。すぐに動物病院へ連れて行き、診察してもらいましょう。また、アレルギー症状の中でも危険なのが喘息です。最悪の場合、呼吸ができなくなりますから、呼吸が苦しそうだったり、咳をするようなら早めの治療が必要です。

猫のアレルギーは増え続けています。ただ、獣医さんとよく相談しながら、適切な対処をすればその症状は治まっていきます。猫の食事は飼い主が決めるもの。つまり猫のアレルギーの最大の原因は飼い主のキャットフード選びとも言えるのです。猫のために、慎重に選ぶ必要があるのです。

アレルギーの原因は

猫のアレルギーは、ほとんどが食物アレルギーです。この食物アレルギーは、餌に含まれている成分に、猫の身体が過剰に反応してしまい、様々な症状を引き起こしてしまうもので、今や決して珍しいものではありません。本来、身体を守る免疫反応ですが、これが逆に身体に害を与える症状、これがアレルギーなのです。

この食物アレルギーの原因として大きく関わってくるのがキャットフードです。キャットフードに含まれるタンパク質や穀物がアレルギーを引き起こしているのです。これらの栄養素が、猫の体内で充分に消化吸収が行われなかったり、あるいは猫自体の免疫力が落ちているときに、アレルギーを起こしやすくなります。また、同じキャットフードを与え続けても、食物アレルギーになると言われているのです。

猫は本来肉食です。穀物を多く含んだキャットフードは、猫にとって消化しにくい食べ物と言えます。他にも、乳製品でアレルギーを発症することもありますから、キャットフードを選ぶ際には、原材料をよく調べる必要があります。また、猫は非常にデリケートな生き物です。ちょっとした生活の変化により、ストレスが溜まることもあります。それにより、免疫力が下がり、アレルギーとなることもあるのです。このように、アレルギーの原因は一筋縄ではいかないので、飼い主は少しの変化も見逃さないよう気を付けましょう。

アレルギーとその症状

犬と並んで、ペットとして人気がある猫ですが、最近、猫のアレルギーが多く発症し、問題となっています。このアレルギーの原因の一つとして、キャットフードが挙げられるのです。猫のアレルギーは、一般的に生後半年くらいからと言われますが、成猫になってからアレルギーになることもありますので、年齢や性別、また血統に関わらず発症するものなのです。

アレルギーの症状としては、皮膚炎が代表的なものでしょう。また下痢や嘔吐、喘息といった症状もよく見られます。自分が飼っている猫がアレルギーになったかどうかを調べるには、猫の行動をよく観察する必要があります。やたらと身体を引っかいたり、かゆがる仕草を見せていたら、皮膚炎を発症しているかもしれません。また、お腹が張っていたり、よく鳴っていたりすると下痢になっていることがあります。

アレルギーはその他にも、全身の毛が抜けてくる、膿が出る、外耳炎を発症するなど多くの症状が見られます。猫の動きや仕草に異変があるようなら、すぐに獣医に相談することをおすすめします。アレルギーはどの猫にも起こり得ることです。そして猫は人間と違い、言葉で伝えることができません。飼い主が気付いてあげることが重要なのです。

キャットフードによるアレルギー

近年、猫のアレルギー症状が問題となっています。症状としては皮膚炎や、下痢、嘔吐、喘息などがその代表的なものでしょう。具体的には、猫がいつも以上に身体を引っかいている、食べたものを吐き出す、排せつ物が柔らかいなど、普段とは違う仕草や行動が表れたら、それはアレルギーかもしれません。こういった猫のアレルギーは、実は日々与えているキャットフードが原因となることがあります。このサイトは、猫のアレルギーとキャットフードについて説明します。

猫は本来肉食動物です。しかし、市販されているキャットフードの中には、穀物が多く含まれているものがあります。猫は、穀物を食べると消化不良となりアレルギーを起こすことがあるのです。また、ストレスなどで身体の免疫力が落ちているときも、アレルギーを起こしやすい状態と言えますので、注意が必要です。他にも同じものを与え続けることで、アレルギーを発症することもあり、様々な条件が複雑に絡んでくるため、なかなか防ぐことができないのが実情です。

アレルギーは、まずは動物病院でしっかりと診断してもらうことが重要です。そして、適正な対処を施すということになります。低アレルギーのキャットフードに変えたり、皮膚炎がひどい場合は抗ヒスタミン剤などで治療することになります。ただ、猫の食物アレルギーは、飼い主の間違ったキャットフード選びによるものとも言えます。可愛い猫のため、まずは飼い主がよいキャットフードを選ぶ必要があるのです。